プロフィール

MagicKirby

Author:MagicKirby
北米在住甘党翻訳家。漫画とかゲームとかアニメとかネットとかが生活の糧。サボり癖有。かなり飽きっぽい。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
今日、偶然にも、私が通ってた高校のそばをとおったので、ふと挨拶をしていこうと思い、高校の授業もあらかた終わっている時間だと確認してから、高校に出向きました。

だいたい半分ぐらいの顔見知りの先生と話せました。
みんな懐かしいです。約一年前に卒業したなんて信じられない。大学にいると、時間がものすごいスピードで過ぎている感覚がます。だってもう春なんですよ?こないだまで秋だった気がするのに……不思議なものだ。最後にサイトを更新したのが一ヶ月以上前なのもきっとこのせいです。

で、懐かしい会話に花を咲かせていると、ふと先生の一人が
先「そういえば、美術祭には来るのか?」
私「(そういや毎年やってたか、学園祭みたいなアレ。美術系高校だし)
  えっと、いつやるんですか?高校から離れたから、予定わからなくて」
先「明日だけど」
私「……は?明日!?

ものすごい偶然。
もし私がたまたま今日高校に寄ってなかったら、見事に忘れて、というか知らなくて、行くこともなかったでしょう。これは私に宛てた「美術祭へ行くべきだ」という女神様の啓示だと思います。
美術祭は、いろんな生徒の作品が展示されて、生徒の希望があれば値札がつけられて売られているものもあるので、ひそかに掘り出しものがあることもあるんですよね。私も去年、作品を展示しました。美術の教師が展示することを課題のひとつにしたからなんですけど。

先生も「是非来いよ、特別に入場料タダにしてやってもいいぞ。自分が入り口のそばにいればの話だけど」と言ってくれました。ちなみに入場料は5ドルです、日本円にすれば500円ぐらいです。タダにしてやるとか言ってますが、実際どうなるかはわからん。でも5ドルはそんなに高くないし、行きたいな。

うん、楽しみ。

日常 | 【2008-04-04(Fri) 22:06:39】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の日記
最近のコメント
月別アーカイブ