プロフィール

MagicKirby

Author:MagicKirby
北米在住甘党翻訳家。漫画とかゲームとかアニメとかネットとかが生活の糧。サボり癖有。かなり飽きっぽい。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
ことば
言霊という単語もあるほど、言葉というのは力を持っています。

たったひとつの単語が、流れる音、溢れる色彩、広がる景色を脳裏に浮かばすことができる。それ自体は、何の姿形も持っていないのにもかかわらず。
それは、とてもすごい。
言葉には命が宿ると言いますが、私はあまり間違ってはいないと思います。

私がなぜ突然こんな話をしているのかというと、まあ大したことではないんですが、今日、メールを見ていてぎりぎりと心を燃やされたからです。
実はこの日に来ていた例のメールに、今日の朝まで返事してなかったんですよね。何を書けばいいのかわからなくて、なんとなく書けないまま今日になってしまっただけなのですが。でもせっかく送ってくれたのだから返事したほうがいいだろう、と自分に言い聞かせ、うんうん唸りながら文面考えて(それでも大した長さ・内容ではなかったですが)、返事したわけです。そして返事遅れさせていた私とは違いその日の夕方になって即効で帰ってきたメールの文面が、こう、個人的にかなりクるものだったので。もちろん、相手側は普通のことを書いたつもりで、私が過剰反応しすぎなだけだとは思うのですが。
私はかなり非社交的な人間なのでリアル友達の一人もいないんですが……だって、怖い。友達の作り方など知らない。交流の方法もわからない。流行の話題のひとつもなく、何より怠惰な自分は友情を保つことなど面倒でできないと。すいません。人付き合いの耐性がなくて。
何気ないメールの文面に混じる、ありふれた、当たり前のように混じる「友達」の単語と、それが形作る文章の波の優しさに、もう何を感じたらいいのか。
そんなに柔らかに主張しないでください。「いつまでも友達だと忘れないで」なんて、わざわざ言い聞かせるように言わないでください。特別だなんて、語らないでください。私に構わないでください。疑心が渦巻くことをしないでください。でも否定すると同時に嬉しくて、もっと踏み込んで欲しいとも思う。面倒くさがりな性格と、寂しがりな心がどちらも正反対の方向を向いているせいで生み出される矛盾がひどいです。

私は、何が欲しいのだろう?


考え事 | 【2008-07-21(Mon) 21:01:47】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の日記
最近のコメント
月別アーカイブ