プロフィール

MagicKirby

Author:MagicKirby
北米在住甘党翻訳家。漫画とかゲームとかアニメとかネットとかが生活の糧。サボり癖有。かなり飽きっぽい。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
Life Drawing
もう六月も終わりか……
課題が明日提出だ……早くやらないとな。

明日の夜は、親から任された仕事もしなきゃいけないし。
……というより、押し付けられたんだけど。
父の話では、やることは単純作業だけど、量が多くてとにかく時間がかかるとか……4~6時間かかるかもしれないとか……うわあ。めんどくさい。でもやればお金もらえるのでやりますよ、一応……引越したせいでペットシッターの仕事ができなくなったのでお小遣いの入手法に悩んでいたところですし。確かに苦痛ではありますが、単純作業はそれほど嫌いではないです。ぶっちゃけ楽だから。何も考えなくていいし。ミスは許されないのでしっかり確認しながらやる必要はあるけど……

いや、それよりも明日の課題が先か。物事には優先順位があるよね。
明後日期限の仕事より、明日提出の課題だ。
私がとっている授業はLife Drawing。つまり人体を描くための授業です。毎回モデルさんが一人来てくれるので、木炭で頑張ってデッサンするのですよ。教授は順を追って丁寧に、ここにはこういう骨があるからこういう形になるんだとか、ここの筋肉がこう通っているんだとか、男女の骨格の違いとそれによって出る体つきの違いとか、教えてくれます。他にも、どうやって正確な比率を描くか、とか。基本的に立ちっぱなし、しかも四時間も続く授業なので疲れるんですが、結構楽しいです。
人を描くのはとても難しい。ちょっとズレてるだけで、違和感がすごいから。でも違和感はあるのにどこがおかしいのかわからなくて悩むこともあります。教授も「五分のあいだ凝視してようやく間違いを見つけたこともある」と言ってました。でもその分、正確に描けた!と思った時はとても満足できます。まあ正確だと思っても、壁に貼り付けて遠めに見てみるとまだまだバランスおかしかったりするんですけどね……
ちなみにモデルさんは例外なくみんなヌードですが、既に恥ずかしさとかはまったく感じない。動揺したのは大学一年目でヌードモデルに遭遇した初日だけです。それもすぐに慣れた。絵を描くためなんだとわかっていれば、目の前に全裸の男女が何人いようがただの絵の対象としか相手を見れなくなります。純粋に「このモデルはあのふともものカーブが一番描くの楽しいなぁ、腰に繋がるところの丸みが綺麗だし」とか思えるようになる。これほんと。意識の切り替えってすごいですね。
ちなみに明日提出の課題は全身骨格を描いてくることです。
骨の名前とかびっしり書き込んでいかなきゃいけないのがめんどくさい。

もう今日はやる気ないから、明日の朝にやろうかな~。
家を出るのは正午だし、七時ぐらいに起きれば間に合うだろ。

日常 | 【2009-06-30(Tue) 21:02:27】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の日記
最近のコメント
月別アーカイブ